ホーム > アーカイブ - 2009年10月








YouTube動画ドラマアニメ映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| カテゴリ | スポンサー広告 |

ONE PIECE 11th シャボンディ諸島篇(アニメ)

ONE PIECE(ワンピース)
ONE PIECE 11th シャボンディ諸島篇(382話~405話)

放送:フジテレビほか
作者:尾田栄一郎

【概要】
この世の全てを手に入れた伝説の海賊王ゴールド・ロジャー(ゴール・D・ロジャー)が遺した、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾人もの海賊が覇権を賭けて争う大海賊時代。

そんな時代に生まれ、海賊に憧れる少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」と呼ばれる不思議な実(「悪魔の実」の一種)を食べてゴム人間となり、泳げない体になりながらも海賊王を目指して仲間と共に冒険する。

スポンサーサイト
| カテゴリ | アニメ |

ザ・ベストハウス123(バラエティー/お笑い)

ザ・ベストハウス123

『ザ・ベストハウス123』( - ワン・ツー・スリー)は、フジテレビ系列で放送されるバラエティ番組。単発特番として放送されてきたが、2006年11月1日からは、1時間番組として毎週水曜日の21:00 - 21:54(JST)の枠でレギュラー放送。
(Wikipediaより)

出演:ロンドンブーツ1号2号(田村淳・田村亮)、本上まなみほか

| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

7つの贈り物(映画)

7つの贈り物

『7つの贈り物』(Seven Pounds)は2008年アメリカ合衆国で製作、公開された映画。監督はガブリエレ・ムッチーノ。ウィル・スミス演じる主人公は、7人の人生を変えようとする。ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソンそしてバリー・ペッパーも出演。
(Wikipediayり)

公開:2009年2月21日
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、マイケル・エリー、バリー・ペッパー

【ストーリー】
トーマス(ウィル・スミス)は運転中携帯電話に気をとられ、事故を起こす。その事故で見知らぬ6人と婚約者のサラ・ジェンソン(ロビン・リー)を死なせてしまった。

事故の翌年、トーマスは航空学エンジニアの仕事をやめ、アメリカ合衆国内国歳入庁で働く弟のベン(マイケル・エリー)に肺を提供する。6ヶ月後、彼は自分の肝臓をチャイルド・サービスで働くホリー(ジュディアン・エルダー)に提供する。その後、彼はドナーを受けるに値する人を探し始める。そしてジュニア・ホッケー・チームのコーチをするジョージ(ビル・スミトロビッチ)にじん臓を提供し、骨髄を男の子のニコラス(クインティン・ケリー)に提供する。

彼が自殺する2週間前、彼はホリーに「助けが必要なのに求めない人はいないか?」とたずねる。ホリーは彼氏から被害を受けているコニー・テポス(エルピディア・カリーロ)を紹介する。彼はコニーと2人の子供を自分の海岸増沿いの豪邸によび、家の鍵をあげた。そして、彼はモーテルにペットのハコクラゲと一緒に引っ越した。

彼は弟の資格証明書を盗んで、ベンと名乗り、ドナー提供するにふさわしい最後の2人を探す。1人目は盲眼でピアノを弾く肉のセールスマンのエズラ・ターナー(ウディ・ハレルソン)。彼はキレやすいかどうか調べるためエズラ・ターナーに電話してわざと怒らようとしたが、エズラはキレることなく穏やかだったので、トーマスはエズラにドナーを提供しようと決めた。

次に彼は、グリーティング・カードの印刷業を営み、心臓病をもつエミリー・ポサ(ロザリオ・ドーソン)と会う。彼は彼女と過ごしている間に庭の草刈りをしたり、草原にエミリーの飼っている犬を連れてデートをしたり、壊れてしまった印刷機を直したりする。そうしている内に互いに惹かれ合って恋をする。そして、ドナーするため心臓を提供しようと決める。

彼の弟が自分のアメリカ合衆国内国歳入庁のIDカードを返してほしくて、エミリーの家に来る。その後、彼は泊まっているモーテルに帰る。そこで彼はバスタブに氷水でいっぱいにし、ハコクラゲをいれ自殺する。そして、エミリーとエズラに臓器を提供した。エズラ・ターナーは彼の角膜を、エミリーは心臓を受け取った。そして最後にエミリーはエズラのコンサートで会い、トーマスについて話始める。

| カテゴリ | 映画 |

クイズ!ヘキサゴンII(バラエティー/お笑い)

クイズ!ヘキサゴンII

『クイズ!ヘキサゴンII』( - ツー、英称:QUIZ!HEXAGON II)は、2005年10月19日からフジテレビ系列で毎週水曜19:00 - 19:57(JST)に放送されているクイズバラエティ番組である。
(Wikipediaより)
出演:島田紳助(司会)、中村仁美(進行・アシスタント)、牧原俊幸(出題ナレーター)
| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

ONE PIECE 10th スリラーバーク篇(アニメ)

ONE PIECE(ワンピース)
ONE PIECE 10th スリラーバーク篇(337話~381話)

放送:フジテレビほか
作者:尾田栄一郎

【概要】
この世の全てを手に入れた伝説の海賊王ゴールド・ロジャー(ゴール・D・ロジャー)が遺した、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾人もの海賊が覇権を賭けて争う大海賊時代。

そんな時代に生まれ、海賊に憧れる少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」と呼ばれる不思議な実(「悪魔の実」の一種)を食べてゴム人間となり、泳げない体になりながらも海賊王を目指して仲間と共に冒険する。

| カテゴリ | アニメ |

ONE PIECE 9th エニエスロビー篇(アニメ)

ONE PIECE(ワンピース)
ONE PIECE 9th エニエスロビー篇(264話~335話)


放送:フジテレビほか
作者:尾田栄一郎

【概要】
この世の全てを手に入れた伝説の海賊王ゴールド・ロジャー(ゴール・D・ロジャー)が遺した、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾人もの海賊が覇権を賭けて争う大海賊時代。

そんな時代に生まれ、海賊に憧れる少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」と呼ばれる不思議な実(「悪魔の実」の一種)を食べてゴム人間となり、泳げない体になりながらも海賊王を目指して仲間と共に冒険する。

| カテゴリ | アニメ |

スレイヤーズEVOLUTION-R(アニメ)

スレイヤーズEVOLUTION-R(全13話)

『スレイヤーズ』(en:Slayers)は、1989年から発表されている神坂一によるファンタジー小説シリーズ。
1995年から2009年にかけて、テレビアニメシリーズは5作品が放映された。このほかに劇場版が5作、OVAとドラマCDがそれぞれ2作発表されている。
キャッチコピーは「見てくんないと暴れちゃうぞ!」
(Wikipediaより)

原作:神坂一、あらいずみるい

【内容】
『REVOLUTION』の事前発表に際し、変則2クールの放送体制を執ることが発表されていたが、その後、林原めぐみのラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』を通じて、第5期の情報が正式に発表された。放送内容は第4期『REVOLUTION』の続編となっている。略称は「スレイヤーズER」。ストーリーは一部本編6巻がベースとなっている。

2009年1月12日から2009年4月6日までAT-Xにて放送されたが、スレイヤーズシリーズにおいて唯一、地上波では放送されなかった(全13話)。

| カテゴリ | アニメ |

スレイヤーズREVOLUTION(アニメ)

スレイヤーズREVOLUTION(全13話)

『スレイヤーズ』(en:Slayers)は、1989年から発表されている神坂一によるファンタジー小説シリーズ。
1995年から2009年にかけて、テレビアニメシリーズは5作品が放映された。このほかに劇場版が5作、OVAとドラマCDがそれぞれ2作発表されている。
キャッチコピーは「見てくんないと暴れちゃうぞ!」
(Wikipediaより)

原作:神坂一、あらいずみるい

【内容】
2008年のドラゴンマガジン4月号にて新作のテレビアニメが放映されることが告知された。そして翌月のドラゴンマガジン5月号で、新作アニメのタイトルが『スレイヤーズREVOLUTION(レヴォリューション)』であることが発表された。ストーリーは本編5巻とすぺしゃる9巻等をベースとしたアニメオリジナルとなり担当声優の変更もない。略称は「スレイヤーズR」。 前作までの主要登場人物に加え、新たなレギュラーキャラクターとしてワイザー=フレイオン、ポコタが登場。さらに、原作第1部で活躍した暗殺者ズーマやデュクリスも登場。 TVシリーズでは初めて主題歌の歌詞テロップが廃止された。

アニメ開始に先立ち、同タイトルの漫画版がドラゴンエイジ6月号から連載している(ポコタ、ワイザーも第1話より登場)。

この他、リナを演じる林原めぐみが自身のラジオ番組(林原めぐみのHeartful Stationおよび林原めぐみのTokyo Boogie Night)の中で度々情報提供をしていた。主題歌は過去作品同様、林原が歌っている。

テレビ東京系6局にて、2008年7月から同年9月まで放送された。

| カテゴリ | アニメ |

スレイヤーズTRY(アニメ)

スレイヤーズTRY(全26話)

『スレイヤーズ』(en:Slayers)は、1989年から発表されている神坂一によるファンタジー小説シリーズ。
1995年から2009年にかけて、テレビアニメシリーズは5作品が放映された。このほかに劇場版が5作、OVAとドラマCDがそれぞれ2作発表されている。
キャッチコピーは「見てくんないと暴れちゃうぞ!」
(Wikipediaより)

原作:神坂一、あらいずみるい

【内容】
テレビアニメ第3作目で、1997年4月4日から1997年9月26日にかけて放送。全26話。

原作を離れた完全オリジナルストーリーとなり、オリジナルキャラクターも多い。そのため、一部原作と矛盾する設定になったり、本来の主人公リナたちの存在が半ば傍観者的なものへと追いやられる状況になったりと、話が重くなりすぎて原作本来の作風とは程遠くなったと言われ、前2作ほどの評価を受ける事はできなかった。またシナリオの完成度も前2作と比較して低いとの評価が多い。この体質的な変化については、シリーズ前2作にも深く関わっていたぶらざあのっぽ主宰の小山高生が病気で長期の入院療養を余儀なくされ、小山自身による若い脚本家たちのシナリオのチェックができなかった事が主な原因と言われている。

なお、原作者である神坂一は本作を「パラレルな第3部」と捉えているというが、NEXT直属の続編であるため、原作の時系列では1部と2部の間に当たる。

| カテゴリ | アニメ |

SAW / ソウ5(映画)

SAW / ソウ5

『ソウ5』(原題:Saw V)は、2008年に公開されたアメリカ映画。猟奇殺人鬼によって密室に閉じ込められた5人の男女を主軸に展開するスリラー映画。ソウシリーズの5作目。日本ではR-15指定。
今作では、監督は美術デザインを担当してきたデヴィッド・ハックルに代わった。
これまでのシリーズ同様、全米のハロウィンシーズンに公開し、3050万ドルを売り上げ初登場第2位を記録した。これで『ソウ2』から4作続けて初登場での3,000万ドル突破という偉業を成し遂げた。ホラー映画としては異例といえる。
(Wikipediaより)

公開:2008年11月28日
監督:デヴィッド・ハックル
キャスト:トビン・ベル、コスタス・マンディラー、スコット・パターソン

【ストーリー】
何とかゲームに勝利したストラムは、無傷でゲームから生還してきたホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑い始める。しかし、上司に捜査から外れて休養を取るよう命令を受けたため、独断の単独捜査を開始する。

ジョン(ジグゾウ)の元妻ジルは、彼が生前に弁護士に預けたと言う遺言と遺品の入った精巧な木彫りの箱を警察に渡される。彼女は確認のために箱の中身を見るが、衝撃に襲われる。

一方、コンクリートの床の上で犬用首輪を嵌められた5人の男女が目覚めた。密室になった部屋の壁にはV字型の大きな刃がセットされ、「ゲーム」が開始される。

| カテゴリ | 映画 |

地球が静止する日(映画)

地球が静止する日

『地球が静止する日』(ちきゅうがせいしするひ、原題:The Day the Earth Stood Still)は、2008年のSF映画。1951年公開の『地球の静止する日』のリメイク作品。
(Wikipediaより)

公開:2008年12月19日
監督:スコット・デリクソン
出演:キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー、キャシー・ベイツ

【ストーリー】
ある夜、プリストン大学で教諭をする地球外生物学者、ヘレン・ベンソン博士の自宅にアメリカ政府のエージェントが突然やってきた。

強制的にある非常事態への協力を求められたヘレンは1年前に他界した夫の連れ子であるジェイコブを隣人に預け、あわただしく公用車に乗り込む。

すでに政府は軍を総動員出動させ警戒態勢を敷き、町は異様なまでに静まり返っていた。政府がヘレンのほかに核物理学・天文学・地質学などの権威を招集したのは、木星の外側で観測された謎の物体への対策を講じるためだった

小惑星と思われるその物体は想定外の進路を信じがたい速度で移動し、マンハッタンへと迫っているのだ。 しかし物体が地上に達するはずの瞬間には何も起きずまばゆい光を放つ巨大な球体がセントラルパークへと舞い降りてきたのだった。

防護服をきたヘレンらが近づくと、球体の中から一体の生命体と大きなロボットゴートが姿を現す。すると動揺した兵士の一人が発砲し、銃弾を浴びた生命体はヘレンの目の前で昏倒した。

政府は生命体を医療施設へ運び、懸命の治療をした、生命体の体にメスを入れると、灰色の有機物質の皮が剥がれ落ち、その下から人間そっくりの男性の体が姿を現した

宇宙からの球体は、地球上のさまざまなところに出現し、世界中を大混乱へ陥れていた

意識を取り戻した生命体は自分の名をクラトゥと名乗り地球を人間たちから助けに来たと、ヘレンに告げる。衝撃を受けたヘレンはノーベル学者バーンハート教授と面会させるが、必死の説得もむなしく、ついに巨大なゴートが大量の虫のようなものに変わり、地球上のあらゆる物を溶かしてゆく。

もはや風前の灯火となった今、人類の命運は、クラトゥの心に触れることができるヘレンとジェイコブに託されたのだった

| カテゴリ | 映画 |

96時間(映画)

96時間

『96時間』(Taken)は、2008年制作のフランス映画。脚本はリュック・ベッソンとロバート・マーク・ケイメン、監督はピエール・モレル。リュック・ベッソンのヨーロッパ・コープ製作。続編の制作も発表されている。
邦題は作中で語られる、「誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる期間」から。
(Wikipediaより)

公開:2009年8月22日
監督:ピエール・モレル
出演:リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、ホリー・ヴァランス

【あらすじ】
カリフォルニアに暮らす元CIA工作員のブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)は、離婚した妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と裕福な再婚相手であるスチュアート(ザンダー・バークレー)と共に暮らす17歳の娘キム(マギー・グレイス)に会えることを生活の楽しみにしていた。そんなある日キムは友達のアマンダ(ケイティ・キャシディ)と2人だけでパリ旅行に行きたいと実父のブライアンの元に許可書へのサインを求めてくる。最初は「ティーンエイジャーの女の子2人だけで、パリ旅行なんて危険だ」とサインを拒んだブライアンだったが、定時連絡を入れる事を条件に許す。現地に首尾よく着いた2人だったが、直後に拉致されてしまう。攫われる瞬間までキムと電話で話し続けていたブライアンは、調査をするうちに犯人がアルバニア系人種で構成される人身売買組織である事を知り、2人を救出するために単身パリへ乗り込み、組織に戦いを挑む。

| カテゴリ | 映画 |

爆笑レッドシアター(バラエティー/お笑い)

爆笑レッドシアター

『爆笑レッドシアター』(ばくしょうレッドシアター、英語表記:THE RED THEATER)は、フジテレビ系列で、2009年4月15日より、毎週水曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されているバラエティ番組である。
(Wikipediaより)

| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

爆笑レッドカーペット(バラエティー/お笑い)

爆笑レッドカーペット

『爆笑レッドカーペット』(ばくしょうレッドカーペット)は、フジテレビ系列で放送されている演芸(ショートネタ)中心のバラエティ番組である。2007年から不定期特番として放送され、2008年4月16日からは、毎週水曜日の22:00 - 22:54(JST)に、2009年4月4日からは、毎週土曜日の19:00 - 19:57にてレギュラー放送。
(Wikipediaより)

| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

M-1グランプリ(バラエティー/お笑い)

M-1グランプリ

『M-1グランプリ』(エムワングランプリ)とは島田紳助が企画して、吉本興業が主催する漫才の選手権大会である。通称「M1」。オートバックスセブンが特別協賛(冠スポンサー)していることから、正式名称は「オートバックス?M-1グランプリ?」となる。在阪準キー局のABCテレビ(朝日放送)制作で、ANN(All-nippon News Network)系列で放送。
(Wikipediaより)
| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

スレイヤーズNEXT(アニメ)

スレイヤーズNEXT(全26話)

『スレイヤーズ』(en:Slayers)は、1989年から発表されている神坂一によるファンタジー小説シリーズ。
1995年から2009年にかけて、テレビアニメシリーズは5作品が放映された。このほかに劇場版が5作、OVAとドラマCDがそれぞれ2作発表されている。
キャッチコピーは「見てくんないと暴れちゃうぞ!」
(Wikipediaより)

原作:神坂一、あらいずみるい

【内容】
テレビアニメ第2作目で、1996年4月5日から1996年9月27日にかけて放送。全26話。
原作小説であるスレイヤーズ本編第2巻、第4巻、第5巻の一部、第7巻、第8巻を元に構成されている。本編第一部の残りのエピソードをアニメ化したが、6巻の内容のみ、構成や登場人物の都合上、ほぼ丸ごとカットされている。地方局では1作目を放送せずにNEXTから放送したところもあった。
本作から原作者の神坂一がシリーズ構成を、原作イラストレーターのあらいずみるいがキャラクター原案を手がけるようになった。
大月俊倫は「自分の中では『スレイヤーズ NEXT』がベスト」と述べている。

| カテゴリ | アニメ |

スレイヤーズ(アニメ)

スレイヤーズ(全26話)

『スレイヤーズ』(en:Slayers)は、1989年から発表されている神坂一によるファンタジー小説シリーズ。
1995年から2009年にかけて、テレビアニメシリーズは5作品が放映された。このほかに劇場版が5作、OVAとドラマCDがそれぞれ2作発表されている。
キャッチコピーは「見てくんないと暴れちゃうぞ!」
(Wikipediaより)

原作:神坂一、あらいずみるい

【内容】
シリーズ全アニメ作品の中で最も早く公開され、テレビ東京系(テレビ愛知を除く)では1995年4月7日から1995年9月29日・金曜18時30分-19時に全26話が放送された。テレビ愛知では1995年4月18日から10月10日・火曜7時35分-8時5分の枠で放送。
原作小説であるスレイヤーズ本編第1巻、第3巻、第5巻の一部、及びスレイヤーズすぺしゃる第1巻の一部を元に構成されている。
続編の『NEXT』や『TRY』と区別するために『無印』『無印スレイヤーズ』という通称で呼ばれている。
放映終了後、放映継続を訴えるファンが街頭署名運動を起こした。

| カテゴリ | アニメ |

一騎当千 Great Guardians(アニメ)

一騎当千 Great Guardians(全12話)

『一騎当千』(いっきとうせん)は、塩崎雄二の漫画作品。及び、そのアニメ化作品。
(Wikipediaより)

作者:塩崎雄二

【内容】
本作の第3期シリーズとなる。新キャラクターの孫権が登場するほか、死んだはずの呂布奉先が再登場。前作同様、表現規制が厳しいままとなっている。略称での名称は『一騎当千 GG(ダブルジー)』。2期の『DD(ディーディー)』とは異なり『GG(ジージー)』とは読まない。

| カテゴリ | アニメ |

一騎当千 Dragon Destiny(アニメ)

一騎当千 Dragon Destiny(全12話)

『一騎当千』(いっきとうせん)は、塩崎雄二の漫画作品。及び、そのアニメ化作品。
(Wikipediaより)

作者:塩崎雄二

【内容】
このアニメ版第2期シリーズは、本来の主人公であるはずの孫策伯符が第1、2話には登場せず、第3話の終わりごろにようやく登場するなど、あまり主人公扱いされておらず、どちらかというと、関羽雲長の方が主人公扱いされていた。またスタート時の状況は第1期の終わりを継承しているが、一部、特に呂布、董卓、左慈が関わる部分はその過程が変更されている。

| カテゴリ | アニメ |

一騎当千(アニメ)

一騎当千(全13話)

『一騎当千』(いっきとうせん)は、塩崎雄二の漫画作品。及び、そのアニメ化作品。
(Wikipediaより)

作者:塩崎雄二

【内容】
『三国志』の英雄達の魂を封じ込められた勾玉を持ち、彼らの宿命を受け継いだ高校生達(作中では「闘士」と呼ばれる)による格闘漫画。

その設定により、主人公である17歳の女子高生「孫策伯符」を初めとして、キャラクターの名前が三国志物語の登場人物から採られている。

| カテゴリ | アニメ |

エンタの神様(バラエティー/お笑い)

エンタの神様

『エンタの神様』(エンタのかみさま)は、2003年4月19日より日本テレビ系列で毎週土曜22:00 - 22:54 (JST) に放送されている、同局制作のバラエティ番組である。正式な番組タイトルは『エンタの神様 -the God of Entertainment-』( - ザ・ゴッド・オブ・エンターテインメント)。略称は「エンタ」、「エン神」。
(Wikipediaより)

出演:福澤朗、白石美帆ほか

| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

ぐるぐるナインティナイン(バラエティー/お笑い)

ぐるぐるナインティナイン(2009年~)

『ぐるぐるナインティナイン』は、1994年4月10日から日本テレビ系列で放送されているバラエティ番組。
正式タイトルは『ぐるぐるナインティナイン Hi-Tension TV』( - ハイ・テンション・ティーヴィー)、通称「ぐるナイ」。一部のラテ欄では「ぐるぐるナイナイ」、「ぐるぐる99」の表記も見られる。
(Wikipediaより)

出演:ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)ほか
| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(バラエティー/お笑い)

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(2009年~)

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(ダウンタウンのガキのつかいやあらへんで)は、日本テレビで毎週日曜日(一部地域を除く)の22:56 - 23:26 (JST) に放送されているバラエティ番組。ガキ、ガキツカ、ガキの使い、ガキ使いなどとも略称される。
(Wikipediaより)

出演:ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)、山崎邦正、ココリコ(遠藤章造・田中直樹)ほか

| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

やりすぎコージー(バラエティー/お笑い)

やりすぎコージー(2009年~)

『やりすぎコージー』とはテレビ東京で2005年4月2日にスタートしたバラエティ番組。
(Wikipediaより)

出演:今田耕司、東野幸治、千原兄弟、野性爆弾、大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)ほか  
| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

奇跡体験!アンビリバボー(バラエティー/お笑い)

奇跡体験!アンビリバボー

『ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボー』(ビートたけしプレゼンツ きせきたいけんアンビリバボー)は、1997年10月25日からフジテレビ系列で毎週木曜日の19:57 - 20:54(JST)に放送されているドキュメンタリー系バラエティ番組である。一部地域では再放送も行われている(系列外の局は青森テレビ(TBS系列)でも日曜10:00に放送、数週遅れ)。
(Wikipediaより)

出演:ビートたけし、小林麻央、所ジョージ、関根勤、清水圭 ほか

| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

とんねるずのみなさんのおかげでした(バラエティー/お笑い)

とんねるずのみなさんのおかげでした(2009年)

『とんねるずのみなさんのおかげでした』は1997年6月26日から毎週木曜日21:00 - 21:54(JST)にフジテレビ系列で放送されているバラエティ番組である。とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)が司会を務める長寿番組。字幕放送・ステレオ放送・ハイビジョン制作。

通称『おかげでした』、もしくは『みなおか』『した』(一部では『とんねるずのした』)だが、出演者やスタッフの間では、『とんねるずのみなさんのおかげです』とあわせて、『みなさん』と呼ばれている。新聞や雑誌のラテ欄には文字の制限上『とんねるずのみなさん』もしくは『とんねるずみなさん』と表記してある。
(Wikipediaより)

出演:とんねるず(石橋貴明・木梨憲武) ほか
| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

HEY!HEY!HEY!(バラエティー/お笑い)

HEY!HEY!HEY! (2009年)

『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(ヘイ!ヘイ!ヘイ! ミュージックチャンプ)は、1994年10月17日からフジテレビ系列で放送されているダウンタウン司会の音楽番組である。放送時間は毎週月曜日の20:00 - 20:54(JST)。ステレオ放送。通称は『HEY!HEY!HEY!』、『HEY!3』。
(Wikipediaより)

出演:ダウンタウン(松本人志・浜田雅功)
| カテゴリ | バラエティー/お笑い |

GOEMON(映画)

GOEMON


『GOEMON』(ゴエモン)は、2009年5月1日公開の日本映画。紀里谷和明監督作品の2作目となる。
(Wikipediaより)

監督:紀里谷和明
出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子

【ストーリー】
織田信長が暗殺され、日本統一の理想を豊臣秀吉が引き継いだ頃の日本。上に立つ権力者は代わっても、民衆は依然変わらぬ飢えと渇きに苦しめられていた。そんな頃、民衆の喝采を浴びていたのが大名や豪商の蔵を狙い、金銀財宝を奪っては貧しいものに分け与える義賊・石川五右衛門であった。彼はある日とある豪商の蔵へ忍び込み、一つの小さな箱を戦利品に加えるが、あっさり子供にくれてやってしまった。ところがその箱には、織田から豊臣へと支配者が移った真相を書いた密書が秘められていたのだった。追われる身となった五右衛門は、真実を知り、どう動くのか。

| カテゴリ | 映画 |

猿ロック

猿ロック


『猿ロック』(さるロック)は芹沢直樹の漫画作品。「週刊ヤングマガジン」で連載。
(Wikipediaより)

読売テレビ、・日本テレビ系列にて放送
原作:芹沢直樹『猿ロック』
出演:市原隼人、芦名星、渡部豪太、高岡蒼甫 ほか

【ストーリー】
鍵屋「猿丸ロックサービス」の息子猿丸耶太郎(サル)は開けられない鍵はないと自称する。その特技のせいか、様々な事件などに巻き込まれていく。
| カテゴリ | ドラマ |

ドロップ(映画)

ドロップ


『ドロップ』は品川ヒロシ著の小説またはこれを原作とした漫画、映画。小説は2006年8月にリトルモアから出版された。2007年3月にはキャラクターデザインに小説版の装画を担当した高橋ヒロシ、作画に鈴木大を迎えて漫画化。現在も『月刊少年チャンピオン』誌上で連載中。単行本は8巻まで刊行されている。

また、著者である品川本人が監督・脚本を務めた映画が2009年3月20日より公開された。配給は角川映画。
(Wikipediaより)

監督 品川ヒロシ
出演:成宮寛貴、水嶋ヒロ、本仮屋ユイカ、上地雄輔、中越典子、波岡一喜、若月徹(若月)ほか
公開:2009年3月20日

【あらすじ】
15歳の中学生、信濃川ヒロシは、あこがれていた不良になるため、全寮制の私立中学から狛江の公立中学に転校。その学校は井口達也という不良を中心にまとまっていた。そして転校初日に校舎裏に呼び出せられる。仲間になるため根性焼きに耐え、他校の不良にタイマンで勝利。そして達也に認められて不良の仲間入りを果たし、ヒロシの不良ライフがスタートする。
| カテゴリ | 映画 |






アクセスランキング ページビューランキング ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。