YouTube動画ドラマアニメ映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| カテゴリ | スポンサー広告 |

おくりびと(映画)

おくりびと




2008年 上映
出演 広末涼子 本木雅弘 他

【ストーリー】
プロのチェロ奏者として東京のオーケストラに所属していた小林大悟。しかし、ある日突然楽団が解散、大悟程度の奏者は掃いて捨てるほどいるため、夢を諦め、1800万円出して購入したチェロを売り払い、妻とともに田舎の山形県酒田市へ帰ることにする。就職先を探していた大悟は「旅のお手伝い」という文句と給料等の条件に惹かれ、旅行代理店か何かだろうと考えながら、その会社・NKエージェントの面接へ。即日採用決定となった大悟だが、その会社の業務内容とは納棺(=NouKan)であり、社長曰く、広告は誤植で、本当は「安らかな旅立ちのお手伝い」のはずだったと聞かされる。大悟は迷うものの、面接で「目一杯働ける」かどうか確認しただけで即「採用」と言い放ち、いきなり現金で2万円を渡すばかりか月給50万円という条件を提示する社長の強引な勧誘に、特にそれ以外に仕事のあてがなかった大悟は断り切れずとりあえず就職を決める。しかし帰宅後、大悟は妻にはどんな会社に就職したのか詳しい事を言えず、「冠婚葬祭関係」とだけ伝えたため、妻は結婚式場に就職したものと勘違いする。最初の仕事で、納棺の手順を解説するDVDの遺体役をさせられ散々な目に逢い、さらに最初に訪れた現場は孤独死後二週間経過した老女の遺体の納棺。現場の異臭と遺体の様子に嘔吐しかけ、死臭がうつったか気になる余り帰途銭湯で全身を洗わなければ気が済まなくなるほどだったものの、現金で日当を支給され、辞めるに辞められなくなり、とりあえず納棺師への道を歩む大悟。場数を踏み、遺族に喜ばれるなど、少しずつ納棺師の仕事に充実感を見出し始めていたが、ある日、件のDVDを見た妻に実は納棺師になったことが発覚した大悟は「そんな汚らわしい仕事は辞めてほしい」と懇願される。しかし大悟はそれを受け入れられず、妻は実家に帰り、さらには納棺師になったことを知った昔からの友人、山下からも「もっとましな仕事さ(=に)就け」と言われ、結果疎遠となる。しばらく後、突然妻が大悟の元に戻る。妊娠した妻から、再び納棺師を辞めるよう迫られた大悟のもとに仕事の電話が入る。その仕事とは、一人で銭湯を切り盛りしていた山下の母、ツヤ子を納棺することであった。山下とその妻子、そして自らの妻の前でツヤ子を納棺し、山下と和解、妻の理解も得たある日、自宅に亡くなった大悟の母に宛てた電報が届く。それは、大悟が子供の時に家庭を捨てて出て行った父、淑希の死を伝えるものだった…。
Wikipediaより)

01 02 03

| カテゴリ | 映画 |

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







アクセスランキング ページビューランキング ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。