YouTubeドラマを楽しむ-無料動画なび- > スポンサー広告 > 硫黄島からの手紙(映画)YouTubeドラマを楽しむ-無料動画なび- > 映画 > 硫黄島からの手紙(映画)








YouTube動画ドラマアニメ映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| カテゴリ | スポンサー広告 |

硫黄島からの手紙(映画)

硫黄島からの手紙


公開:2006年12月9日
監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童

【ストーリー】
1944年6月、戦局が悪化の一途を辿っていた太平洋戦争下の硫黄島に一人の将官が降り立つ。新たに硫黄島守備隊指揮官に任命された陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)には駐在武官としてアメリカに滞在した経験があり、それ故に誰よりも米軍の強大な実力を知り尽くしていた。

勝ち目の無い戦いと知りつつ、日本本土防衛のため、1日でも長く硫黄島を守る事に意味があると考えた彼は、反発する陸海軍の古参の側近や将校・士官達を押し切り、防衛計画を練り直す。今までの上官とは違い、合理的な思想を持つ栗林の存在は、日々の生活に絶望していた西郷(二宮和也)らに新たな希望を抱かせる。栗林は隷下の将兵に無意味な万歳突撃や自決を禁じ、硫黄島地下に坑道をめぐらせ要塞化し、死よりも苛酷な持久戦に持ち込むが…

上陸当日、米軍は先が見えないほどの船団を沖に停泊させていた。そして上陸をしてきたが栗林中将の命令でトーチカなどで兵を待機させた。米軍は浜を埋め尽くしたところで、反撃を開始した。激戦の末、浜のトーチカは米軍の火炎放射・手榴弾攻撃で壊滅したが、その他の部隊に影響はなかった。その後米軍は、硫黄島で最もトーチカが集中している摺鉢山攻略部隊と島の北部の攻略部隊に分かれた。西郷は摺鉢山守備隊で弾送りを命じられていたが、所属の中隊の半分以上の機関銃が吹き飛ばされたため、上官命令で摺鉢山守備隊長足立陸軍大佐の元へ行くが、禁じられていた玉砕命令がだされ西郷は膠着状態となった。西郷が帰って中隊は集合し次々と手榴弾で自決を図った。残ったのは、敵対していた憲兵出身の清水だけだった。二人は別の中隊と合流し8割以上の犠牲を出しなんとか北の海軍の部隊と合流した。


【Ranking】 【面白アニメ】 【無料アニメ】【無料映画】



| カテゴリ | 映画 |

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







アクセスランキング ページビューランキング ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。