YouTube動画ドラマアニメ映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| カテゴリ | スポンサー広告 |

96時間(映画)

96時間

『96時間』(Taken)は、2008年制作のフランス映画。脚本はリュック・ベッソンとロバート・マーク・ケイメン、監督はピエール・モレル。リュック・ベッソンのヨーロッパ・コープ製作。続編の制作も発表されている。
邦題は作中で語られる、「誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる期間」から。
(Wikipediaより)

公開:2009年8月22日
監督:ピエール・モレル
出演:リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、ホリー・ヴァランス

【あらすじ】
カリフォルニアに暮らす元CIA工作員のブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)は、離婚した妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と裕福な再婚相手であるスチュアート(ザンダー・バークレー)と共に暮らす17歳の娘キム(マギー・グレイス)に会えることを生活の楽しみにしていた。そんなある日キムは友達のアマンダ(ケイティ・キャシディ)と2人だけでパリ旅行に行きたいと実父のブライアンの元に許可書へのサインを求めてくる。最初は「ティーンエイジャーの女の子2人だけで、パリ旅行なんて危険だ」とサインを拒んだブライアンだったが、定時連絡を入れる事を条件に許す。現地に首尾よく着いた2人だったが、直後に拉致されてしまう。攫われる瞬間までキムと電話で話し続けていたブライアンは、調査をするうちに犯人がアルバニア系人種で構成される人身売買組織である事を知り、2人を救出するために単身パリへ乗り込み、組織に戦いを挑む。



【爆笑動画】 【面白アニメ】 【人気ドラマ】 【無料映画】



| カテゴリ | 映画 |

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://youtubenavinavi.blog114.fc2.com/tb.php/636-a135f3a7








アクセスランキング ページビューランキング ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。